ある日、事業を始めた時にお世話になった方から一本の電話が鳴りました。「札幌に引っ越す事になったので、家を売却したい。」といった内容でした。

それから、売却についていろいろアドバイスを行いました。その中で、今“ホームインスペクション”といったサービスがある事を説明しました。まだ、あまり聞きなれない言葉なので、資料とともに詳しく説明しました。『ホームインスペクションとは建築士などの専門課が中古物件の現状の状態を目視で検査して、次の買主に第三者の目で現状を伝えること』と説明しました。

本来は物件を買おうか検討されている方がその物件がどんな状態なのか把握する為のサービスですが、今回は売主さんが理解され、買主に安心感を印象付けるため、また、売却価格にも影響するため、売主側で負担して行いましょうという事になりました。その後、買主様にインスペクション報告書を提出し、安心感をもって取り引きを行ないました。

また、その報告書をもとに、既存住宅かし保険に加入してもらい、本来の中古売買では該当にならない“住宅ローン控除”も該当になる事になったため、買主様にメリットが付きました。