本日(10/27)をもって事業開始から3年が経ちました。

早かったともいえるし、まだ3年ともいえるし、とにかく3年継続できました。

起業に関する広告でよくみるのが、生存率 1年で40%、5年で15%というのを良く見ました。

まあ3年というとその間なので25%の中に入っているといってよろしいでしょうか?

ここまで閉じないで続けれただけで中々の実績でしょう。

事業始める時に政策公庫から融資を受けた際も担当者から“私が担当した不動産で起業した人は1年程度で辞めている”ともいわれました。

私、自分でこうやって事業を起こす事は、働き始めた時からずーっと思っていました。

そう思っていると自然とそういう行動を起こしていたような気がします。

くやしい思いもしてきました。でも、その思いだけは捨てきれませんでした。私の頭から離れませんでした、働けば働くほどそれが増大していくのがわかりました。

こんな田舎で不動産業をやるなんて、どうかしているとも思いました、いつ資金ショートでギブアップしてもおかしくないとも思いました。(今でも思っていますが)

この3年間ビジネスに関する勉強も必死でしてきましたし、それなりに投資もしてきました。

でも、今の仕事が好きなのです。途中で辞めたくありません。まだ行いたい事が達成できていません!

最近ようやく、種の芽が生えてきたのが実感できるようになりました。

私と事業を始めた時から携わって下さった方々に感謝申し上げます。私の行う事を理解してくれている家族にも感謝申し上げます。これから私と出合い、たずさわっていただく方に感謝申し上げます。